<日本茶知識>玉露とは?煎茶との違い

玉露と煎茶の違いについて解説!

こんにちは☆

管理栄養士で日本茶スペシャリストで茶道裏千家中級のたしろです!

茶道は小学校〜大学入学まで習い事でやってました。(親に感謝!)

今日はお茶知識を活かして、玉露について。

ペットボトルのお茶に「玉露入り」と謳われていたりと、何かと玉露を目にする機会はありませんか?しかし玉露とは何なのか、煎茶との違いをふと疑問に思うことがあるかと思います。

本日はそんな方のために、煎茶との違いを含めて玉露を解説します!お茶について勉強中の方にもお役に立てれば嬉しいです^^

玉露とは

煎茶との違いを端的に説明すると

収穫数週間前からあえて日光を遮ぎる「被覆栽培」をすることで、うま味の元となるアミノ酸が苦味成分に変わるのを防いだお茶です。それにより強い甘味とうま味があり、常用で喉を潤すためというより楽しむために飲まれる上級茶です。

煎茶玉露
用途喉を潤すための常用が多い楽しむためのもの
栽培方法収穫まで日光にあてる被覆栽培で収穫数週間前から日光を遮る
味わい甘味・うま味・渋味(苦味)のバランスがよくスッキリとした味わい甘味とうま味が強い。とろみを感じさせるものもある
淹れ方70~80℃で1~2分
高温で短時間
50~60℃で2〜2分半
低温でじっくり
成分テアニン(うま味)、カテキン(渋味)等バランスよく存在煎茶と比較してテアニンの割合が多め・カテキンの割合少なめ

煎茶のように大量生産向けではないため、一般的には煎茶より玉露のほうがお値段も高いです。(もちろん、煎茶にも高品質・高価格なものもあります!)

玉露を飲んだことがない方はびっくりするかもしれませんが、海藻を想起させるような独特な香りとうま味を感じます。とろみがあるように感じることもあるんですよ!

以下に栽培方法・味の違い、入れ方などについて、詳しく解説しました。

→ まず「煎茶」について知りたい方はコチラ

玉露のあれこれ: 栽培方法・海藻を想起させる味わい、淹れ方など

玉露の栽培 「被覆栽培(ひふく栽培)」

収穫まで常時日光を浴びせる煎茶と異なり、玉露の栽培では収穫の20日ほど前から藁やヨシズなどで茶樹を覆い、一時的に日光を遮る被覆栽培(ひふく栽培・別称「覆い下栽培」)というものを行います。

こうすることでうま味のもとであるアミノ酸テアニンを多く含み、逆に苦味や渋味を感じるカテキンを抑えたお茶になります。

煎茶は外で元気いっぱいお日様を浴びて育った子、玉露は日焼けしすぎないよう育てられたお嬢様のイメージです。

味・香り・色などの特徴

煎茶と比較し、強い甘味とうま味・まろやかさが特徴です。

舌の上で転がすと海藻を想起させるような独特な香りとうま味を感じます。とろみがあるように感じることもあります。

ちなみにこの独特な香りと味は被覆栽培から生まれる特徴のため、「覆い香(おおいか)」と呼ばれます。

(煎茶は甘味・うま味に加え苦味や渋味もほどよく含み、すっきりとした味わいです)

製造した茶葉は煎茶より太めの傾向があり、質が良いものほど淹れた時に透明感があります。

美味しい淹れ方

肩肘張らずに始めていただきたいので、特別な道具がなくてもできる手軽な方法をご紹介します!何度か試して本格的に行いたくなった際には、温度調整用に食品用温度計を買うなどしてください。

お湯の量:一人分につき15ml ※量が少ないので茶碗も小さめだと尚よし

茶葉の量:一人分につき2~3g

基本手順:

  1. 沸騰後、茶碗や急須にお湯を5回ほど移しかえ50~60℃までお湯を冷ます
  2. 葉を急須・茶漉しに入れる
  3. お湯を注ぎ、2~2分半ほど蒸らす
  4. (複数名分の場合)各茶碗へ少しずつ廻し注ぎ、均等に注ぐ

お湯を冷ます方法・コツ:

お湯を冷ますには、器にお湯を移すと楽です!お湯は器に移す度に約5~10℃下がると言われています。

沸騰時が100℃なので玉露の場合はおおよそ5回ほど器に移すイメージですが、室温などにもよるので調整してください。冬で器や室温が冷たくなっている場合は4回ほどで良いです。

その際茶碗や急須にお湯を移す作業をすれば、茶碗や急須自体も温まるため、予定外にお茶が冷めて出来上がってしまう心配もなくなります。

上記はあくまで基本のやり方です。茶園やメーカーによって品種や製法が異なりますので、購入した茶葉に応じてパッケージに記載の淹れ方に準ずるのがおすすめです!

玉露は煎茶など他の日本茶・緑茶と比較してとろみすら感じる濃厚な味。

うま味であるアミノ酸は50~60℃近辺の比較的低温で抽出され、渋味・苦味であるカテキンは80~90℃の高温で抽出されます。

そのためうま味を味わう玉露は低温でじっくりと淹れる訳です!

玉露の代表的産地

玉露の有名どころは下記の2カ所が特に有名です。

  • 福岡県 八女茶(やめちゃ):玉露の生産量全国1位。県南東部の八女市周辺で栽培されています。一般的にはお茶は春になると一番茶・二番茶・三番茶・・・と順番に収穫され、一番茶が最も上級とされています。八女茶はほとんどの茶園が二番茶までしか刈らず、翌年の一番茶が美味しくなるよう茶樹に栄養を蓄えさせています。
  • 京都府 宇治茶(うじちゃ):京都府南部の宇治市周辺。この辺りは抹茶と玉露の栽培がメインで、量を生産するより品質重視の指向です。

〜余談〜 玉露の茶殻は食べられる

これは余談ですが、玉露の葉はとても柔らかいため茶殻も料理にして食べられます。

食べることが大好きな食いしん坊なのでつい、食べれないか?という思考が・・・。笑

ご飯に混ぜたり、おひたしにするなどがあります。また今後レシピも投稿しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA